アグリコミュニティ事業

農業を行う世代の高齢化により使われなくなってしまった遊休農地や不耕作農地を「植物工場」や「参加型農業テーマパーク」に再開発していきます。
パートナー企業様のオスミック農作物(当社自社開発の培養土と環境制御ハウス、栽培システムを活用した収穫品)の生産サポートを行っていきます。

農業テーマパークエリア 植物工場エリア

参加型農業テーマパークエリア【2020年開業目標】

味覚狩りのできる観光農園や貸し農園、オスミック生産物を使用した有名シェフ監修のカフェレストラン、マルシェに加え、キャンプやグランピングなどのアウトドア施設、リラクゼーション(ヒーリング)スペース、宿泊施設などが自由に創造できる“農と食”を楽しむためのユーザー参加型農業テーマパークの開設を計画しています。

参加型農業テーマパークエリア

植物工場エリア

独自開発の有機培土土オスミックソイルと高機能ハウスを使用するオスミック栽培を採用した次世代型植物工場。生産パートナー企業様への導入から栽培販売までを弊社にてサポートいたします。

※OSMICトマト(ミニトマト)の栽培農場は、商品付加価値を保つため
 栽培面積には限りがございます。新規開設をお考えの企業様は弊社担当までご相談ください。

オスミック栽培については こちら から

植物工場エリア